サロン経営に役立つ情報や、エステ業界の最新ニュースを発信

2020.03『2019エステティック倒産状況(東京商工リサーチ調べ)』

 昨年度の倒産件数は73件で、個人サロンが半数を占めているようです。
負債総額は29億円超で2018年度を大幅に上回ったようです。
要因は福岡と関西を中心にサロン展開意をしていたテスワールド社の(負債約8億円)が大きいようです
倒産の原因として8割が販売不振とあり、スタッフ不足や競合による価格競争などが考えられるとのことです。

●次回予告 『セルフエステのトラブル』
セルフエステの増加に伴い様々なトラブルが増えてきているようです。 セルフエステは業務用の・・・

<2020.03.01更新>